目の下のたるみ・クマ

「涙袋」と「目袋」の違いは?目袋を涙袋に変える方法!

涙袋と目袋の違いのイメージ写真

「涙袋」と「目袋」の違い、ちゃんと理解していますか?

「目袋」は老け顔の象徴ですが、でき始めの初期段階では「涙袋」と区別がつきにくいかもしれません。

「あれ?ひょっとして、これが涙袋?ラッキー♪」と思っていたら、実はオバ顔の始まりだった・・・ということも・・・

そこで今回は、

  • 「涙袋」と「目袋」の違いは?
  • 目袋をなくす方法
  • 「目袋」を「涙袋」に変える方法

といった点についてご紹介したいと思います。

写真で分かる「涙袋」と「目袋」の違い

「涙袋」と「目袋」の違いは、写真で比べるとはっきり分かります。

これが「涙袋」

こっちは「目袋」

涙袋と目袋の違いは?

一言で説明すると、涙袋は筋肉、目袋は脂肪です。

涙袋があると、若く可愛く見える

目のすぐ下にあるぷっくりした膨らみが「涙袋」。

これがあると、ふっくらとした膨らみでが目のように見えるため、パッチリ目に見えます。

また、幼い印象になるため、若く見えるというメリットが。

"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

涙袋の正体は、眼輪筋という目を囲む筋肉です。

涙袋の状態は、生まれつきの眼輪筋の位置や発達具合、目元の肉付きの具合によって変わってきます。

涙袋がまったくない人もいれば、ぷっくりと目立つ人もいます。

涙袋は良いものというのが共通認識なので、ヒアルロン酸注入やメイクでわざわざ作る人もいるほどです。

目袋は「老い」の象徴

一方で、目袋はたるみによってできるもので「老い」の象徴。

涙袋よりもずっと下の位置にできるのが特徴です。

涙袋があると、女性らしく若くて可愛いという印象になりますが、目袋があると、すごくおばさんに見えてしまう・・・

年配の俳優さんでは目袋が味や凄みになっている人もいますが、女性にとっては良いことなんて一つもありません。

""no-img2″
由香@エステティシャン

目袋の正体は、眼窩脂肪という脂肪です。

眼窩脂肪は、眼球をクッションのように囲んで守っています。

それが、加齢により眼球を支える靭帯が緩むことで眼球の位置が下がり、眼球の重みによって押しつぶされた脂肪が前に出てくることで目立つようになります。

目袋ができる原因って?

写真で比較することで、涙袋と目袋の違いがはっきりお分かりいただけたと思います。

涙袋と違って、目袋の存在は決して許してはいけません!

「目袋って老化が原因なんでしょ?私はまだ若いから大丈夫。」と甘く見ていませんか?

だとしたら、その認識を改めるべき!

なぜなら、最近は若い人でも目袋に悩む人が増えているからです。

その理由として大きいのが、スマホやPCの長時間利用や寝不足、食生活の乱れなど。

目袋ができる原因

  • 加齢
  • スマホやPCの長時間利用による眼輪筋の衰え
  • 寝不足
  • 目元の乾燥
  • 食生活の乱れ

スマホやPCをずーっと見つめていると、まばたきの回数が減ります。

眼輪筋は、まばたきするときにも使われるので、まばたきの回数が減ればそれだけ筋力も低下してしまいます。

筋肉は使わなければ衰えてしまうので、生活習慣によっては年齢に関係なく衰えのスピードに差が出てくるんです。

また、寝不足や疲労によって目元の血流が悪くなると、脂肪や老廃物が蓄積しやすくなるため、目袋が目立つようになります。

さらに、乾燥や食生活の乱れで肌がハリを失うと、突出してきた眼窩脂肪を抑え込むことができなくなるため、目袋が出現しやすくなります。

このように、加齢だけではなく、生活習慣も大きくかかわってくるため、若くても油断できないんですね。

目袋をなくすにはどうしたらいい?

目袋をなくすには、突出した眼窩脂肪を抑え込めるだけの筋力と肌のハリを復活させればOKということになります。

目袋をなくす方法

  • 眼輪筋トレーニングで筋力アップ
  • スキンケアでハリを高める

詳しい方法は、以下の記事にまとめてあるので参考にしてみてくださいね。

目袋改善法
目の下のたるみを改善したい女性のイメージ写真
【完全保存版】目の下のたるみ改善法|簡単トレーニング&アイクリーム5選

恵子@アイクリームジプシー 私の場合、たるみを通り越して、はっきりとした膨らみが目立つ「目袋」・・・ それでも諦めずに、せっせとセルフケアを続けています。 根気良く続ければ自力でも目立たなくすることは ...

続きを見る

筋トレすれば目袋を涙袋に変えることができるかも!?

涙袋は、女性らしさと可愛いらしさの象徴で、みんなの憧れ。

それに対して目袋は、おばさんの証みたいなもので、絶対に許してはいけないもの。

同じ”袋”と言えど、イメージは正反対ですね。

涙袋が筋肉なのに対して、目袋は脂肪と、正体も全く違うものだということが分かりました。

目袋をなくすために筋トレが役立つというお話はしましたが、筋トレを続けることによって、目袋を涙袋に変えることも可能です。

なぜなら、涙袋は眼輪筋が発達している人にできるものだから。

目袋をなくすためにせっせと筋トレを続ければ、眼輪筋が発達して涙袋ができた!というのも夢じゃありません。

目袋をなくす方法も、涙袋を作る方法も、実はほとんど同じ。

要するに眼輪筋を鍛えれば良い!ということ。

若くて今は目袋がないという人も、涙袋を作るためのトレーニングが、将来の目袋予防になります。

眼輪筋を鍛えて悪いことなんて何もないので、できる限りこまめにトレーニングすることをおすすめします。

まとめ

涙袋と目袋の違いは?

  • 涙袋は筋肉、目袋は脂肪がその正体
  • 涙袋があると若く可愛く見えるが、目袋はがあるとすごくおばさんに見える
  • 目袋をなくすには、筋トレとスキンケアが有効
  • 筋トレすれば目袋を涙袋に変えられる可能性も
"no-img2″
恵子@アイクリームジプシー

目元にある同じ”袋”でも、涙袋と目袋では大違い!目袋ができ始めのころは、混同しやすいので手遅れにならないよう注意しましょう!

-目の下のたるみ・クマ

Copyright© アイケアラボ , 2020 All Rights Reserved.